妊婦に必要な葉酸の摂取量

なぜ葉酸が必要なの、1日に必要な摂取量は?

妊娠した場合、医師や妊婦用雑誌などからしつこいくらいに葉酸の摂取を勧められることになります。
これは、赤ちゃんの正常な発育を守るためという医学的な理由がきちんとあり、国としてもしっかり摂取をするよう指針を出しているほどなのです。

 

厚生労働省の推奨では、妊婦に必要な葉酸の摂取量として1日あたり400が定められています。
妊娠していない女性の場合は約240µg必要とされるので、妊婦には通常時の約2倍もの量が必要という事になります。

 

妊婦 葉酸が不足すると、特に妊娠初期に赤ちゃんの神経管閉鎖障害のリスクが上がります。
葉酸には細胞分裂を活性化させ、正常な増殖と成長を促す働きがあります。

 

このため、生きるために欠かせない脳や脊髄の材料となる神経管が作られる初期段階までに必要量を摂取しておかないと、
こういった器官が正常に作られない先天異常を引き起こしてしまうのです。

 

最悪の場合は赤ちゃんがお腹の中で死亡したり、無事生まれても重大な後遺症が残ることもあるので注意が必要なのです。

 

実は葉酸は食品だけでは補えない

 

このような理由で妊婦 葉酸の摂取が勧められているのですが、実は葉酸は食品だけでは補えないという難点があります。

 

葉酸を含んでいる食品は数多くあるのですが、残念ながらこの成分は水に溶けやすいだけでなく、熱に弱いという特徴を持っています。

 

料理の際に洗ったりゆでたりするだけで、大半が食品の中から失われてしまうのです。

 

このため、確実に必要量を摂取するには葉酸サプリの併用が推奨されています。

 

葉酸サプリは、その名の通り葉酸をメインとして作られた補助食品ですが、その他にも妊婦や赤ちゃんの健康に役立つ様々な栄養素が配合されています。

 

例えば、妊娠初期にはつわりに悩まされる人も大勢いますが、辛いつわり症状を軽減させる効果があるとされる亜鉛やビタミンB6などが配合されたものも数多く販売されています。
また、母親が妊娠中に緑黄色野菜や柑橘類を多く食べていた場合は、子どもがアレルギーや喘息を発症する確率が約50%近くも下がるといった研究結果も出ています。

 

このため、これら野菜や果物の栄養素をしっかり配合されたものも多く登場しています。
このようにサプリを使用すれば必要な栄養素が全て摂れるため、食品でこれらを準備するより非常に効率が良くなります

 

。妊娠初期はつわりや急激なホルモンバランスの変化などで動くのも億劫になることが多いので、
サプリメントを積極的に利用して出来るだけ身体をゆっくり休めるようにしましょう。